MAKIKO TANAKA 田中麻記子 Tempo Lila

scroll

ARTROでは、2024年6月15日から7月13日まで、田中麻記子個展「Tempo Lila」を開催致します。 6月15日17時より、作家在廊のオープニングイベントを開催いたします。是非お越しください。 ARTRO is pleased to present Makiko Tanaka's solo exhibition, "Tempo Lila," from June 15 to July 13, 2024. An opening event will be held on June 15 from 5:00 pm. The artist will be in the gallery. Please come and visit us. "Tempo Lila" 450×550mm, Oil on Canvas, 2024 "Amore Viola / Inconscious" 600x600mm, Oil on Canvas, 2024 ———————————————————— Tempo Lila(リラのとき) 時折、同じ食材を執拗に、しばらくの間繰り返し食べる癖があり、今回は茄子であった。 フランスで手に入る茄子は、日本の米茄子のように、パン!と身が太ったもので、私はその光沢のある紫色のフェティッシュな物体を触りたいがために、食べない日も市場で茄子を手に取っていた。 へたを切ると、その下には、ピンクがかった薄紫色が現れ、その色の美しさに毎回釘付けになっていた。 その色を観察しすぎたせいなのか、近頃の私の視界には、その薄紫桃色がフィルターのようにかかっていた。 いつものように、人の肌を描いていたところ、その薄紫桃色は、皮膚の下からひっそり見える血管の色にも入っていることに気付いた。 私の網膜にオーガンジーのように被さった、薄紫桃色=リラ色は、私の呼吸にまで侵食してきて、カンバスの中で集中するほど、画面をリラ色に染めていくことが出来ているような激しい興奮が湧き上がり、と同時に、それを落ち着きなさいと云わんばかりのカンバスの中のポートレートの瞼はメランコリックで、そんな2人(絵の中の人物と私)で作った作品が今回のシリーズです。 空白恐怖症的に、何もない背景が描けなかった私は、茄子を観察し続けた事で、リラ色の呼吸を獲得し、選ぶべき空気の色を冷静に置くことが出来た、初めてのシリーズとも言えます。 田中麻記子 Tempo Lila At times, I have a habit of obsessively eating the same ingredient repeatedly for a while. This time, it was eggplant. The eggplants available in France are similar to Japanese Bei-nasu, plump and robust. I was so enamored with their glossy purple, fetish-like appearance that even on days when I didn't eat them, I would still pick them up at the market just to touch them. When I cut off the stem, a pinkish-purple hue would appear underneath, and I was mesmerized by its beauty every time. Perhaps due to my excessive observation of that color, my vision had recently been tinged with that pinkish-purple hue as if it were a filter. As I was painting human skin as usual, I noticed that the pinkish-purple hue was subtly present in the color of the blood vessels just beneath the surface. The lilac color that draped over my retina like organza started to invade even my breathing. The more I concentrated on my canvas, the more I felt a fierce excitement as if I could paint the entire scene in lilac. At the same time, the melancholic eyelids of the portrait within the canvas seemed to urge me to calm down. The works created by the two of us (the person in the painting and me) constitute this series. Due to my fear of empty spaces, I had never been able to paint a background with nothing in it. However, by continuously observing the eggplant, I acquired the lilac breath, and for the first time, I was able to calmly place the chosen color of the air. This series could be said to be my first in that regard. Makiko Tanaka

Goods

Under Construction

Drinks

Under Construction

Artist Information

田中 麻記子

1975年東京生まれ、現在はフランス、パリ南・カシャン市在住。 主な個展 2023年「Duo/ Pink Sun」イムラアートギャラリー 京都 2022年「Black Hawaii/ Hawaï Noire」六本木ヒルズAD Gallery  東京 2020年「La Souffle d'or」CHRISTOPHER, HPF ニューヨーク 2018年「Sea of Love」NADIFF a/p/a/r/t 東京 主なグループ展 2024年「WAVE2024」LURF MUSEUM 東京 2019年「Rio, Tokyo, Paris ~Des Villes, des Jeux~」(+オスカール大岩、カミーユ・フォンテーヌ) パリ日本文化会館 2018年「musubï」Galerie da-end パリ     「Domani 明日」展 国立新美術館 東京 2017年「Paris Food Art Week」Grand Control パリ 2013年 文化庁新進芸術家派遣制度研修員として渡仏 2009年 第12回岡本太郎賞入選 レジデンス 2023年 International Plein Air Stary Sacz ポーランド パブリックコレクション 高橋コレクション 日本 ZEIT FOTO SALON 日本 スターリーソンチ市庁舎 ポーランド Wellington Management Company LPP アメリカ 書籍 2016年 '' La Collection Gastronomique '' 2017年 '' VuVu '' 2022年 '' Black Hawaii '' (全て、Edition HeHe刊行) その他の主な活動(ショートアニメーション、イラストレーション) 2024年  NHK 「みんなのうた」、" Utopia " / ELAIZA(池田エライザ)アニメーション担当(6月、7月オンエア) ボン・マルシェ、パリにて子供のためのワークショップ ロワール地方ソミュール、スパークリングワイン" Crépuscule" エチケットデザイン 2016〜2022年 資生堂企業文化誌「花椿」webにてGIFアニメーションとコラムの連載「空想ガストロノミー」「えぴきゅりあん通信」を担当 2017年 ピエール・エルメ・パリ 青山本店(片山正通設計)のマスコット「Macaron Baby」デザイン 2020年 TASAKI " balance " 100th アニバーサリーの為のショートアニメーション制作 2009年 高島屋「上品會」訪問着を京都・千總とコラボレーション 2006年 映画「マリー・アントワネット」(ソフィア・コッポラ監督)のアートブックの為な描き下ろしイラストレーション提供

Makiko Tanaka

Makiko Tanaka Born in 1975 , Tokyo. Now lives and works in Cachan , France. Selected Solo Exhibitions 2023年「Duo/ Pink Sun」Imura Art Gallery , Kyoto 2022年「Black Hawaii/ Hawaï Noire」Roppongi Hills AD Gallery ,Tokyo 2020年「La Souffle d'Or」CHRISTOPHER, HPF , New York 2018年「Sea of Love」NADIFF a/p/a/r/t ,Tokyo Selected Group Exhibitions 2024「WAVE2024」LURF MUSEUM , Tokyo 2019「Rio, Tokyo, Paris ~Des Villes, des Jeux~」(with Oscar Oiwa, Camille Fontaine) Paris Japanese Culture Center, Paris 2018「musubï」Galerie da-end , Paris   「Domani 」National Art Center , Tokyo 2017「Paris Food Art Week」Grand Control , Paris 2013 Program of Overseas Study for Upcoming Artists (Paris, France) 2009 Selected for 12th Taro Okamoto Award Residence 2023 International Plein Air Stary Sacz, Poland Public Collections Takahashi Collection , Japon ZEIT FOTO SALON , Japon Start Sacz City Hall , Poland Wellington Management Company LPP, USA Art Books 2016 '' La Collection Gastronomique '' 2017  '' VuVu '' 2022 '' Black Hawaii '' (all books published by Edition HeHe) Others 2024 Animation for NHK “ Minna no Uta “ , "Utopia” / ELAIZA(ElaizaIkeda) Workshop for children, Bon Marché, Paris Design for wine label “ Crepscule “ by Domaine des Caviers (Loire , Saumur ) 2016〜2022 Animation and short columns serialization for Shiseido Hanatsubaki web site 2017 Design “ Macaron Baby “ for Maison Pierre Hermé Paris Aoyama Flag Shop 2020年  Animation for balance 100th anniversary, TASAKI 2009 Takashimaya Collaboration with Chiso, Kyoto (Kimono, Houmongi design) 2006 Illustrations for art book “Marie Antoinette” by Sofia Coppola